病院内主要センターのご紹介

がんセンター

本医療院は関連部署との協力を基に最高のがん治療を提供しています。がん治療専門家は手術、放射線治療、抗がん治療、内分泌係治療などの専門化された診断と治療を提供しています。

脳卒中センター

脳卒中治療は発生した後いくら早い時間内に治療をするかによって決められます。よって、診断からリハビリまで本医療院が構築した神経学、神経外科、リハビリ治療、放射線学科などのよく調律された管理システムは脳卒中患者の悪化を防ぎ、機能を補填できる最前の治療が提供できます。

無受血治療センター

無受血治療はハイテック医療機器を使って血液の損失を最小化させ、薬剤を通じた血液生産を極大化させて、受血が不必要な最新の治療方法です。 我々は肝炎またはAIDSのように受血の時伝染される疾患に対した恐れで無受血治療を望む患者さんに最高のサービスを提供しています。

心臓センター

1992年 5月 冠状動脈造影術と心臓カテーテルを大邱地域で最初にお見せした後、今まで700余件の冠状動脈造影術と治療(經皮的冠状動脈仲裁術、ステント挿入術)と100余件の電気生理学検査を毎年行われています。心血管係疾患に対する関心と要求を満足させるために最新造影機器を導入し、機能を拡大しつつあります。

消化器センター

上部胃腸管内視鏡、結腸鏡検査、S状結腸鏡検査、 ERCP、超音波内視鏡、胃腸管内圧検査および24時間pHモニターリングと優秀な専門家達で構成された医療陣は消化器係疾患を診断および治療しています。特にカプセル内視鏡は最初に大邱地域内で試みられまして、現在初期胃がんに対する内視鏡治療を積極的に行われています。

乳房センター

本センターは皮膚保存乳房切除術,センチネル・リンパ節生検などの通じて生存率が高い乳房がん手術を行っています。甲状腺がん手術の場合、手術後副作用が低く高い患者満足度を得ています。 陽性腫瘍およびその他内分泌疾患の副甲状腺疾患も関心の対象であります。

脊椎センター

整形外科、神経外科、リハビリ治療、放射線学などの脊椎専門家で構成された協力システムで個人別に最適化された医療サービスを提供しています。(非手術、手術、リハビリなど)

呼吸器センター

肺がん、アレルギ、ぜんそく、慢性咳き、睡眠無呼吸症などのような日常的診断の他にも放射線、薬学、核医学、リハビリ、胸部外科手術を一カ所で進行できるようにして、呼吸器係疾患に対する包括的で専門化された医療サービスを受けることができます。

PETセンター

PET-CTは多様な細胞の生理科学的変化をイメージ化してくれる先端装備でがんに対する早期診断と予後を決めるのに効果的です。嶺南大学校医療院はPET-CTと MRIサイクロトロンを連係、最高のがん診断および治療サービスを提供しています。